未来形

be going to 文

 

be going to は未来を表します。

 

主語+be going to+動詞の原形~.
動詞は常に原形です。
be動詞は主語に応じて変化します。

 

意味
~するだろう
~するつもりだ
~しようとしている
~する予定だ

 

He is going to do something.
彼は何かをするつもりだ。

 

 

be going to の否定文

否定文の作り方はbe動詞の後にnotを置きます。

 

He is not going to do anything.
彼は何かをするつもりではない。

 

be going to の疑問文
作り方はbe動詞を主語の前に出すだけです。

 

答え方はbe動詞を使って答えます。

Is he going to do anything?
彼は何かをするつもりなのですか。

 

Yes,he is.
はい、彼はするつもりです。

 

No,he is not.
いいえ、彼はするつもりではありません。

 

 

willの文

 

未来の文はwillを使っても表せます。

主語+will+動詞の原形~
動詞は常に原形です。

 

He will do something.
彼は何かするでしょう。

 

短縮形があります。
He’ll do something.

 

 

willの否定文

 

willの後にnotを置きます。
will not + 動詞の原形

 

He will not play the piano.
彼はピアノを弾かないでしょう。

 

 

willの疑問文

 

willを主語の前に出し、Will+主語+動詞の原形~?
答え方はwillを使います。

 

Will you go to church?
あなたは教会へ行きますか。

 

Yes,I will
はい、行きます。

 

No,I won’t.
いいえ、いきません。