間接疑問文

疑問詞+主語+動詞~

動詞の目的語になる名詞節の働き。

文の終わりは主節の形で決まります。

主節になる動詞は、 know, wonder, ask, understand

私はこれが何であるかわかります。
私は/わかります/何であるか/これが。
I know what this is.

疑問詞が主語

私はテーブルの上に何があるかわかります。
私は/わかります/何であるか/テーブルの上にあるのは。
I know what is on the table.

時制の一致
主節が過去の場合、間接疑問の文も過去形になります。

彼はそれが何か知っていました。
彼は/知っていました/何であるか/それであったのが
He kenw what it was.