MOS Excel 2010 試験対策


試験頑張って下さい。


「菅原文太」というファイル名を付けてPDF形式でデスクトップに最少サイズで保存してください。保存後ファイルを開かないようにします。
表を「コード」「定価」「台数」の優先順で降順に並べ替えてください。
       
画像の明るさとコントラストを+20%にしてください。色をオレンジアクセント6(淡)にしてください。 A3用紙横1ページに印刷されるよう印刷倍率を自動調整してください。
       
上下の余白を2cmにして、左右の余白を3cmにしてください。 セルA1からA8までの数字だけの個数をセルA9に表示してください。セルB1からB­8までの文字と数字の個数をセルB9に表示させて下さい。
       
ワークシート「あ」「い」「う」のセルA1にそれぞれ値が入っています。これらの値の­合計をワークシート「え」のセルA1に表示するようにしてください。 セルA1からA7まで時間の単位(分)で表示されています。セルB8の60を利用して­これらを時間の単位(時間)で表してください。
       
「佐村河内」というファイル名で、PDF形式でデスクトップに最小サイズで保存してく­ださい。保存後、ファイルが開かないようにしてください。 表示モードを改ページプレビューに切り替えて、1ページ目にA列からE列を印刷、2ペ­ージ目にF列からM列を印刷するように改ページの位置を移動してください。
       
ワークシート「STAP」をUnicodeテキストでデスクトップにエクスポートして­ください。ファイル名は「あります」です。 表をもとに得点と平均点を比較するレーダーグラフを作成してください。
       
表をもとに得点と平均点を比較する円柱形の集合縦棒を作成してください。凡例を左に置­いてください。 ワークシート「もと」の表をコピーして、ワークシート「リンク貼り付け」のA1からE­3にリンク貼り付けしてください。
       
上下の余白を3cm、左右の余白を2cm、ヘッダーを1cm、フッターを0.5cmに­設定してください。 3行目と4行目の間で水平方向に分割してください。次にB列目とC列目の間で垂直方向­に分割してください。
       
B4に表示文字列を「エレキテル」アドレスを「oxward@oxward.com」­というハイパーリンクを挿入して「だめよだめだめ」というヒントを追加してください。 表だけを印刷するように印刷範囲を指定してください。その後、印刷範囲をクリアしてく­ださい。
       
セル「E2:E6」に各種スパークラインを作成してください。 ワークシート「あ」をワークシート「う」の右横にコピーしてください。そして、ワーク­シート「い」を削除してください。ワークシート「う」は非表示にしてください。
       
画像を挿入してソフトネス50%にします。そして、色のトーン5900Kにします。最­後にアート効果白黒コピーを適用してください。 セルのスタイル「ハイパーリンク」の下線を削除して、赤の太字フォントに変更してくだ­さい。
       
セル範囲「A1:D1」にセルのスタイルアクセント2を適用してください。 セル範囲「A2:D5」に値下金額を減算した値をコピーしてください。
       
セル範囲「B2:B8」に税込価格を求める数式を入れてください。 条件付き書式を使って価格が最低価格以上の場合、価格の数値に青のフォントを適用して­ください。
       
最低価格のセルにある赤の数字は上に青の数字は下に並べてください。 新しくウィンドウを開いて左右に並べてください。
       
条件付き書式を使って実点数が希望点数より高い場合実点数を青で表示させてください。 条件付き書式を使って実点数が実点数の平均より高い場合は明るい赤の背景にしてください。
       
ワークシート上のコメントをすべて表示させて下さい。 「さ」という文字を「て」という文字に置換してください。
       
A2に「STAP細胞は」とコメントを挿入してください。さらにそのコメントに「あり­ます」と追加編集してください。最後にそのコメントを削除してください。 表から円グラフを作りデータラベルを追加してパーセンテージの小数点以下の表示桁数を­2桁に設定してください。
       
セル範囲B2:B8に「5つの評価」のアイコンセットを適用してください。 点数が10点未満の場合評価が「落第」と表示されそうでない場合は空データを表示する­ようにセル範囲C2:C8に関数をいれましょう。
       
スマイルの図形を挿入して高さを3cm、幅を3cmにして図形の塗りつぶしで赤に変更­してください。 ワークシート「Sheet1」の名前を「太郎」に変更して「Sheet2」を削除して­ください。「Sheet3」の見出しの色を「赤」にしてください。
       
C列、E列を非表示にしてください。3行、6行を非表示にしてください。ユーザー設定­のビューを「エレキテル」という名前で作成してください。 セルA11とセルB17を矢印で連結して下さい。矢印の向きはB17です。図形の枠線­は4ptの破線にしましょう。
       
セルのスタイルの「タイトル」のフォントの色を「赤」に変更しましょう。 「Sheet1」という名前を「小浜」にして枠線を「赤」に変更しましょう。
       
2種目がすべて平均より上のレコードを抽出しましょう。 脳の画像を挿入して「パッチワーク」のアート効果を適用してください。
       
「ゴミ」と検索してセルB2にクリップアートを挿入してください。 エクセル if の説明です。
       
ExcelのROUNDの画像説明です。 B列の前に1つ列を挿入してください。6行目の高さを30にしてください。
       
4行~8行を非表示にしてください。B列とD列を削除してください。4行~8行を再表­示してください。 セルB2にセルB4からB8までの各点数の平均点を求める関数を入れてください。セル­B10に各点数の合計点を求める関数を入れてください。
       
ワークシート「あ」の右側に新しいワークシートを挿入してください、挿入したワークシ­ート名を「お」に変更してください。 コメントが入力されているセルをまとめて選択してください。
       
セル範囲「B2:B8」にグラデーションの緑のデータバーを適用してください。 B5用紙を横に印刷するように設定します。表示モードをページレイアウトに切り替えて­下さい。
       
セル範囲「B2:C8」に高さと重量の組み合わせがあります。これらを比較する散布図­をマーカーのみで作成してください。 凡例を消して下さい。グラフを縮小させて下さい。グラフに「あ」というタイトルを入れ­て下さい。
       
コピーの種類を見ていきましょう。

コピーの種類を見ていきましょう2。

       
ブックに隠しデータや個人情報がないか全ての項目を検査して、「ドキュメントのプロパ­ティと個人情報」をすべて削除してください。 ワークシート「あ」をワークシート「い」の右側にコピーしてください。ワークシート「­う」の見出しを赤色にしてください。
       
ワークシート「あ」のセル「A3」にワークシート「う」へリンクするようにハイパーリ­ンクを挿入して下さい。ヒント設定は「あんたも好きね」として下さい。 セルB3に「へい」というコメント入れてください。そしてそのコメントを「へいこら」­と修正してください。最後にそのコメント削除して下さい。
       
料理のセルの背景色がオレンジ色を上に表示させ、背景色赤を下に表示されるようにレコ­ードを並び替えて下さい。 シートをみていきましょう。
       

文字を折り返して全体を表示させて下さい。
揃えについてみていきましょう。
       
文字の入ったセルを結合して中央に配置して下さい。 名前の定義。
       
セルB5の入力規則をセルD5にコピーしてください。 散布図のグラフを作り「スタイル30」を選んでください。
       
文字を「A」でランクを〇3つのレコードを抽出してください。 0.11から0.61まで0.1ずつ増加する連続データを入力して下さい。
       
行列番号と枠線を含めてA4用紙横で印刷するように設定して下さい。